村越レディースクリニック│三鷹│産婦人科│女医│妊婦健診│4Dエコー

ご予約はこちら

TEL:0422-29-8225

妊婦健診

妊婦健診とは

妊婦健診のイメージ

妊婦健診は、お母さんとお腹の赤ちゃんの健康を守り、妊娠が順調かどうかをチェックするための健診です。妊娠中は身体にいろいろな変化が起こりますし、自覚症状が無く、一見順調に見えても、トラブルが隠れている可能性があります。妊娠中にはどなたでも重症妊婦悪阻、切迫早産、妊娠高血圧症、妊娠糖尿病、胎児発育不全などを生じる可能性があります。

特に気がかりなことが無くても、定期的な妊婦健診を受けて、胎児の育ち具合やご自身の健康状態をチェックしましょう。健診日以外でも出血や腹痛など「何かおかしい」と感じた時は、遠慮せずに、すぐに受診してください。

当クリニックは「産科セミオープンシステム」を実施

「産科セミオープンシステム」は、「妊婦健診」は、当クリニックのような近くの通いやすいレディースクリニック等で受け、分娩は病院や周産期センターなどで行うシステムです。病院や周産期センターには診療設備が整っているため、より安全なお産が期待できますし、多くは複数の医師が診療を行っているため、時間外や緊急時の対応も可能です。

一方、クリニックは病院などに比べて受診しやすく、待ち時間も比較的短くて済みます。それぞれの医療機関のメリットを生かせる産科セミオープンシステムなら、分娩の安全性と妊産婦の利便性とを、同時に実現することができるのです。

当クリニックは、杏林大学医学部付属病院など地域の中核病院との産科セミオープンシステムを実施しております。妊娠中に切迫早産や破水、妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病、胎児発育不全などが生じた場合には、セミオープン先での診療に移行する形をとっております。

妊婦健診で行われる検査

妊婦健診で行う検査は、どれも母体とお腹の赤ちゃんの健康を確かめるための、大切な内容ばかりです。

主な妊婦健診の項目

妊娠初期に行う検査

  • 血液検査(血液型 ; ABO式、Rh式 / 不規則抗体検査(間接クームス) / 貧血の有無 / 梅毒血清反応 / B型肝炎ウイルス抗原検査 / C型肝炎ウイルス抗体検査 / 風疹ウイルス抗体検査 、血糖、HIV抗体検査、トキソプラズマ抗体検査)
  • 子宮頸がん検査、性器クラミジア検査など
    貧血検査は、初期・中期・末期に、それぞれ1回ずつ行います。

定期妊婦健診で毎回行う検査

  • 胎児の大きさ、位置の確認
  • 胎児心音の確認
  • 体重測定
  • 血圧測定
  • 尿検査(糖、たんぱく)
  • むくみの有無 など

妊娠中に行う検査

  • 超音波検査(胎児の発育、胎盤の位置、羊水量、子宮頸管長など)
  • 胎児心拍モニタリング(NST*
  • 血糖値(50GCT)
  • HTLV-1抗体検査
  • B群溶血性連鎖球菌検査 など

妊娠中、必要に応じて行う検査

  • 心電図検査
  • 肝機能/腎機能検査 など

※以上のほかにも、必要な場合には随時、検査を実施いたします。

NST(ノン・ストレス・テスト)
ストレスが無い、つまり子宮収縮の全く無い(お産が始まっていない)時に胎児の心拍数を調べ、胎児の状態を評価する検査のことで、「胎児心拍数モニタリング」とも言います。

4Dエコー

4Dエコーのイメージ

4Dエコー検査とは、お腹の赤ちゃんを立体的な画像に映し出す検査法です。通常のエコー画像と違い、羊水の中にいる赤ちゃんの表情や動いている様子などが、リアルタイムにクリアな立体動画で見られます。妊娠週数や赤ちゃんの向き、胎盤の位置などによりきれいな画像が描出できない場合もあります。

当院で妊婦健診を行っていない方で、4Dエコーをご希望の方はインターネットでなく、電話にてご予約の程よろしくお願い致します。当院では30週未満を対象とさせていただきます。
2週間の余裕をもってのご予約をお願い致します。(4Dエコー画像がうまく描出されない時も料金は発生いたします)

○超音波映像は超音波動画配信サービス「AngelMemory」でご覧になれます。

エコー動画配信サービス「AngelMemory」